Blog&column
ブログ・コラム

毎日使う菌歯ブラシのおすすめ消毒方法を紹介

query_builder 2022/02/15
コラム
24
皆さんは、歯を磨いた後の歯ブラシどうしていますか?
「水でサッと洗い流す」と言う方が多いのではないでしょうか?
でも、使用した後の歯ブラシには1億個以上の菌が付着しているとも言われています!
しっかり消毒をして歯ブラシを清潔に保ちましょう。

▼歯ブラシに付いている菌って?
通常歯ブラシは、虫歯や歯周病の予防・食べ物のカスなどを除去するアイテムですよね?
でも、その食べ物のカスなどがしっかり洗い流せずに放置されていると、細菌が繁殖する原因になってしまいます。
また、口の中には常時100以上の細菌が生息しているので、歯を磨くと歯ブラシに細菌が付着してしまうのです。

▼歯ブラシの正しい消毒方法
歯ブラシの基本的な消毒方法は「水でしっかり洗って乾燥させる」です。
水分が残っていると菌が繁殖しやすくなるので、しっかり乾燥させましょう。
また、水分を清潔なティッシュやキッチンペーパーで拭いて乾燥させるのもオススメです。

▼それでも菌が気になる方の殺菌方法
太陽の光に含まれる紫外線には、強力な殺菌作用があります。
そのため、歯ブラシを天日干しすると表面についた菌が殺菌されるので、定期的に日の光へ当てましょう。
また、「歯ブラシ専用の除菌液」なども売っているので、活用してみるのもオススメです。

▼やってはいけない消毒方法
・熱湯消毒
・アルコール消毒
・漂白剤
・入れ歯洗浄液

歯ブラシを清潔に保つ為、これらの方法を試してみたくなるかも知れませんが、アルコールや漂白剤が落とし切れずに口の中に入れるのは危険です。
また、歯ブラシを痛める原因になりますので絶対に止めましょう。

▼まとめ
歯ブラシは目に見えない細菌が繁殖しやすいアイテムです。
毎日使う物だからこそ、清潔に保ちましょう。
また、虫歯予防だけでなく、清潔に保つ為にも月に1回は歯ブラシを変えましょう。

弊社ではウイルスなどの除菌作業やクリーニングを行っていますので、お困りごとがある場合は気軽に問い合わせしてください。

NEW

  • 千葉テレビに出演します!

    query_builder 2022/04/13
  • 新年明けましておめでとうございます。

    query_builder 2022/01/05
  • 車内の消毒承ります!

    query_builder 2021/11/22
  • 【消毒コンプリートパック】感染症対策のために、抗菌コーティングしませんか?

    query_builder 2021/11/15
  • 「衛星管理が義務化」されました!

    query_builder 2021/11/05

CATEGORY

ARCHIVE